東葉高速線船橋日大前駅東口徒歩1分 〒274-0060 千葉県船橋市坪井東3-9-3船橋日大駅前ビル2F 047-457-1187

子供の診察病気について

船橋市・八千代市の耳鼻咽喉科ならどい耳鼻咽喉科 船橋日大前クリニック

オンライン順番受付
ママサポートプロジェクト
キッズスマイルプロジェクト
どい耳鼻咽喉科薬園台クリニック
連携医療機関
感染症発生動向調査・保育園・小中学校感染症サーベイランス
求人案内
医師募集
薬剤耐性AMR対策
 

子供によくある 感染症

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

誘因・原因
ムンプスウイルスによる感染症です。患者と直接接触したり、咳や鼻水などの中にいるウイルスが鼻やのどに入ることで感染します。
症状
耳の下(耳下腺)やあごの下(顎下腺)が腫れて痛がります。腫れは片方の場合もあります。
38℃程度の発熱が2~3日みられます。
治療
特効薬はありません。熱や痛みを和らげる薬を用います。
家庭での注意点
痛みが強いときは、ぬれタオルなどで冷やしてあげましょう。
髄膜炎をおこすことがありますので、頭痛、吐き気や嘔吐がある場合は総合病院の小児科受診をおすすめします。
腫れだしてから5日経過し、体調が良くなるまで登校・登園はやめましょう。

咽頭結膜熱(プール熱)

誘因・原因
アデノウイルスによる感染症です。鼻水、目やに、便などの中にいるウイルスが鼻、のどや眼に入ることで感染します。プールを介して流行することがあります。
症状
38~39℃以上の発熱が4~5日続き、のどの痛みと眼の充血、痛み、目やになどがみられます。頭痛、吐き気、腹痛、下痢を起こすこともあります。中耳炎になることが多いです。まれに重症の肺炎になることがあります。
検査
簡易検査キットを使い7分ほどでわかります。
治療
特効薬はありません。熱やのどの痛みをやわらげる薬を用います。
家庭での注意点
のどが痛いので口当たりの良い食べ物にしましょう。
熱やのどの痛み、目の症状が改善してから2日経過するまでは登園・登校はやめましょう。
治った後も約1ヶ月は尿や便にウイルスが排泄される可能性があるため、手洗いを徹底し、集団生活ではタオルを共有することは避けましょう。

ヘルパンギーナ

誘因・原因
主にコクサッキーAウイルスによる感染症です。鼻水、目やに、便などの中にいるウイルスが鼻、のどや眼に入ることで感染します。
症状
38~39℃以上の発熱が2~3日続きます。のどの奥に小さな水ぶくれができ破れて潰瘍になり痛みます。痛みのために食べ物や水分が取れなくなることもあります。
治療
特効薬はありません。熱やのどの痛みをやわらげる薬を用います。
家庭での注意点
のどが痛いので口当たりのよい食べ物にしましょう。食事がとれない場合にはこまめに水分を取るようにしてください。
イオン飲料や経口補水液も良いです。
合併症としては、熱に伴う熱性けいれんと、まれに髄膜炎や心筋炎が生じることがあります。頭痛や嘔吐、発熱が続く場合は総合病院の小児科受診をおすすめします。

手足口病

誘因・原因
コクサッキーウイルスやエンテロウイルスによる感染症です。鼻水、目やに、便などの中にいるウイルスが鼻、のどや眼に入ることで感染します。
症状
口の粘膜・手のひら・足の裏などに2〜3mmの水ぶくれができます。その他に発熱(38度以下)や食欲不振、のどの痛みなどが見られますが一般的に軽症で、発疹は3〜7日で消失します。
治療
特効薬はありません。熱やのどの痛みをやわらげる薬を用います。
家庭での注意点
のどが痛いので口当たりの良い食べ物を食べましょう。
重症化することは少ないですが、髄膜炎や心筋炎が生じることがあります。頭痛や嘔吐、発熱が続く場合は総合病院の小児科受診をおすすめします。

溶連菌感染症

誘因・原因
溶連菌による感染症です。鼻水やくしゃみなどの中にいる菌が鼻やのどに入ることで感染します。
症状
38℃以上の発熱とのどの痛みが出現します。吐き気や嘔吐、腹痛がみられることもあります。
小さな赤い発疹が首や胸から体や四肢に広がったり、舌が赤くぶつぶつしてイチゴのようになることもあります。
検査
簡易検査キットを使い10分ほどでわかります。
治療
抗生物質を7日~10日間内服します。
家庭での注意点
薬を飲むと1日~2日で熱が下がり、のどの痛みもなくなりますが、薬を途中でやめると、再発したり腎炎などの合併症をおこすことがありますので飲みきりましょう。
治療開始から1日~2日経過するまで登校、登園はやめましょう。
まれに2週間くらい経ってから腎炎をおこすことがあります。
トイレの行く回数が減ってないか、尿が赤くないか、手足や顔がむくんでないかご注意ください。症状が強い場合は入院治療が必要ですので総合病院の小児科受診をおすすめします。
すぐにぶり返した。という場合は家庭内でうつしあっていることがあります。
兄弟がいるときは一緒に治療しましょう。

インフルエンザ

誘因・原因
インフルエンザウイルスによる感染症です。患者のくしゃみや咳のしぶきの中にいるウイルスが鼻やのどに入ることによって感染します。
症状
突然の高熱で始まり、鼻水、くしゃみ、咳、のどの痛み、関節痛、筋肉痛のほかに腹痛、嘔吐などもみられます。気管支炎や肺炎を合併することや、小児では中耳炎や熱性けいれんをおこすことがあります。
検査
簡易検査キットを使い10分ほどでわかります。発症から8時間以内の場合は検査キットでわからないことが多いです。
治療
発症後48時間以内ならば抗インフルエンザ薬が効果的です。その他つらい症状をやわらげる薬を用います。
解熱剤は医師から処方されたもの以外は使わないようにしましょう。
家庭での注意点
脳症を起こすことがあります。けいれん、意味不明な言動、意識障害にご注意ください。そのような場合は入院治療が必要ですので総合病院の小児科受診をおすすめしています。
発症後5日を経過し、かつ解熱してから2日(幼児の場合は3日)を経過するまでは登園、登校はやめましょう。
Page Top