東葉高速線船橋日大前駅東口徒歩1分 〒274-0060 千葉県船橋市坪井東3-9-3船橋日大駅前ビル2F 047-457-1187

耳鼻科の病気について

船橋市・八千代市の耳鼻咽喉科ならどい耳鼻咽喉科 船橋日大前クリニック

オンライン順番受付
ママサポートプロジェクト
キッズスマイルプロジェクト
どい耳鼻咽喉科薬園台クリニック
連携医療機関
感染症発生動向調査・保育園・小中学校感染症サーベイランス
求人案内
医師募集
薬剤耐性AMR対策
 

のどの病気

急性扁桃炎

誘因・原因
ウイルスや細菌の感染、過労、外傷、気候変動も誘因となります。
病態
扁桃は常に病原体と戦っていますが、病原体の毒力が生体の免疫力よりも強ければ激しい炎症反応が起こります。
症状
嚥下時痛と微熱で始まり、やがて咽頭痛と悪寒を伴う高熱に発展します。
検査・診断
症状と扁桃の様子を診察します。
採血や細菌培養検査を行うことがあります。
治療
軽症はウイルス感染の可能性が高いので抗生剤の投与は不要です。
中等症や重症例に関しては抗生物質を投与します。
咽頭に浮腫みがあり、経口摂取が全くできない場合は入院加療をおすすめします。
注意点
  • 扁桃の周囲に炎症が及んで、膿がたまった状態が扁桃周囲膿瘍です。入院が必要になる場合が多いので口が開けにくくなったり、呼吸が苦しい場合は早めに受診してください。
  • 1年間に起こす扁桃炎の回数×繰り返してる年数が8以上の方や扁桃周囲膿瘍を繰り返す方は扁桃摘出術の適応があります。

声帯結節

誘因・原因
大きな声を頻繁に出すなど声帯の使い過ぎが原因となります。
(鉄棒の練習でできる手のタコと同じです。)
病態
声帯の一部に硬い出っ張りがあります。
症状
出っ張りがあるため声帯がぴたりと閉じずに声がかれます。
検査・診断
ファイバースコープで声帯を観察します。
治療
声を出さないようにするのが最も重要ですが、黙っていては社会生活が成り立たないので「正しい発声」を指導します。声がれが強い場合は手術も行うこともあります。

声帯ポリープ

誘因・原因
大きな声の出しすぎや喫煙習慣が誘因となります。
病態
声帯にクラゲのようにブヨブヨした腫瘤があります。
症状
腫瘤があるため声帯がぴたりと閉じずに声がかれます。
検査・診断
ファイバースコープで声帯を観察します。
治療
「正しい発声」の指導や禁煙によって悪化は防げるのですが、改善までは期待できないので手術を行うことが多いです。

ポリープ様声帯

誘因・原因
大きな声の出しすぎや喫煙習慣が誘因となります。逆流性食道炎が原因となることもあります
病態
声帯全体がブヨブヨに浮腫んでいます。
症状
声帯がぴたりと閉じずに声がかれます。
検査・診断
ファイバースコープで観察します。
 
治療
「正しい発声」の指導や禁煙によって悪化は防げるのですが、改善までは期待できないので手術を行うことが多いです。
 

声帯溝症

誘因・原因
中高年に多いことから繰り返す声帯の炎症が原因と考えられています。
病態
声帯に溝ができています。
症状
溝の部分の粘膜は硬く振動しないため声がかれます。声が出しにくい、話すと疲れることもあります。
検査・診断
ファイバースコープで観察します。
治療
薬物治療は効果がないため音声訓練を行います。朝晩2回ずつ1ヵ月を目標に続けてください。
  • 手を目の前に合わせます。
  • 1~10まで30秒かけて数えます。
  • 手を押した瞬間に力を入れて短く発声します。

※行いすぎには注意してください。

重症例では声を出しやすくする目的で手術を行うこともあります

閉塞性睡眠時無呼吸症候群

誘因・原因
肥満や扁桃肥大、小さなあごや後ろに下がったあごなど。
病態
睡眠中、吸気時に上気道(気道のうち鼻腔~鼻咽腔~咽頭・喉頭)が閉塞し無呼吸となります。
症状

  • 著明ないびき、夜間に頻繁に覚醒するので日中に過度の眠気が出ます。
  • 短期覚醒が交感神経を興奮させ高血圧になりやすくなります。
  • 間欠的低酸素血症は酸化ストレス、インスリン抵抗性、血小板凝集能を増加させたり、多血症を招いたりするので、虚血性心疾患、糖尿病、高脂血症、メタボリック症候群になりやすくなります。
  • 日中の眠気による社会生活への不適応は抑うつ気分やうつ病にもつながります。
検査・診断

  • 睡眠中に呼吸運動、血中酸素濃度、鼻・口の気流を記録する無呼吸簡易モニターにより診断します。

  • これで診断できない場合は入院の上、脳波、筋電図、心電図、眼球運動、呼吸運動図を記録するポリソムノグラフェィー(PSG)を行います。
  • 無呼吸低呼吸指数(睡眠1時間当たりの無呼吸と低呼吸の合計)が5以上で前述の自覚症状があれば睡眠時無呼吸症候群と診断します(ただし無呼吸低呼吸指数が15以上あれば自覚症状の有無を問いません)。
治療

  • 扁桃肥大があればその治療(切除術)が効果的です。
  • 肥満があれば減量しましょう。
  • 軽~中等症の睡眠時無呼吸症候群の方で、あごや顔面の形態が原因と考えられる場合は口腔内装置(マウスピース)を歯科に依頼し作成します。
  • 重症の睡眠時無呼吸症候群の方は、経鼻持続陽圧送気(CPAPシーパップ療法)を行います。鼻マスクを装着し、陽圧を加えて気道内圧を高め無呼吸を改善させます。
  • ※CPAP療法を希望される方はどい耳鼻咽喉科(薬園台)にご紹介いたします。
Page Top