東葉高速線船橋日大前駅東口徒歩1分 〒274-0060 千葉県船橋市坪井東3-9-3船橋日大駅前ビル2F 047-457-1187
               

船橋市・八千代市の耳鼻科ならどい耳鼻咽喉科 船橋日大前クリニック

嗄声

のどの病気 > 嗄声

嗄声(させい)とは声がれのことです。

声帯結節(せいたいけっせつ) 子供

誘因・原因
声帯がもともと弱く傷つきやすいお子さんが、力んで声を出したり、大声を出しすぎると生じると言われています。

お子さんの声がれのほとんどはこの声帯結節です。

結節は、手のひらにできるマメのようなものとイメージしていただければよいと思います。

手のひらにマメができるように、物理的なストレスが続くことにより粘膜上皮が硬くなり、粘膜下に液の貯留や線維化が起こり腫れることで、結節はできます。

風邪などがきっかけとなることも多く、喉が炎症を起こして声が出にくくなっているにも関わらず、声を出し続けることで結節ができてしまいます。

病態
声帯の一部が肥厚し結節となり、声帯がきちんと閉鎖していません。
症状
声がかすれます。
検査・診断
小児用ファイバースコープで声帯をチェックします。
治療
「正しい声の出し方」や「普段から気を付けること」を指導します。

子供が手術するケースはほぼありませんが日常生活に支障がある場合は手術を考慮します。
手術は連携医療機関にご紹介いたします。
子供の医療費に関しては『子供医療費助成』により自己負担を自治体が負担してくれます。

船橋市の子供医療費助成ついてはこちら

八千代市の子供医療費助成についてはこちら

家庭での注意点
ご家族も一緒に声の出し方に気を付けましょう。

スポーツをしている時の大声は特によくありません。
嗄声が治らないので監督さんにも相談しましょう。

正しい声の出し方

■やってはいけないこと

  • 大きな声で話す。高すぎる声や低すぎる声で話す。早口で話す。
  • 長い時間おしゃべりをする。ささやき声でおしゃべりをする。
  • うるさいところで話す。
  • 疲れているときに話をする。興奮して話をする。
  • 咳払いをする。

■普段から気をつけること

  • 十分な睡眠をとり、疲れをためないようにしましょう。
  • クーラー、扇風機、冷たい食べ物・飲み物でのどを冷やさないようにしましょう。
  • 朝は声帯が乾燥しているのであまりしゃべらないようにしましょう。
  • 外出するときは、マスクやマフラーをしましょう。
  • 空気の悪いところには行かないようにしましょう。
  • 風邪をひいたときは、特に上記を注意し、早期に治療しましょう。

■ご家族へ

  • ご家族や周囲の人も大声を使わないようにしましょう。
  • 室内の乾燥に気を付け、湿度は50%~60%を保ちましょう。
  • 患者さんのそばで煙草を吸わないようにしましょう。
  • 「普段から気をつけること」は一緒に取り組みましょう。

声帯結節(せいたいけっせつ)大人

誘因・原因
大きな声を頻繁に出すなど声帯の使い過ぎが原因となります。

歌手や保育士、教師、インストラクターなどの職業の方が多いです。

結節は、手のひらにできるマメのようなものとイメージしていただければよいと思います。

手のひらにマメができるように、物理的ストレスが続くことにより粘膜上皮が硬くなり、粘膜下に液の貯留や線維化が起こり腫れることで、結節はできます。

風邪などがきっかけとなることも多く、喉が炎症を起こして声が出にくくなっているにも関わらず、声を出し続けることで結節ができてしまいます。

病態
声帯の一部に硬い出っ張りがあります。
症状
出っ張りがあるため声帯がぴたりと閉じずに声がかれます。

少し空気がもれるような、やや硬い感じの声になります。

日によって声の調子が変わりやすく、長く喋っていると出にくくなる場合が多く、時には、喉の痛みを訴えられる方もいらっしゃいます。

検査・診断
ファイバースコープで声帯をチェックします。
治療
結節ができたばかりの方には、沈黙により声帯の安静を保つと同時に、ネブライザー治療や炎症を抑えるお薬の服用を行います。

声を出さないようにするのが最も重要ですが、黙っていては社会生活が成り立たないので「正しい発声」を指導します。

声がれが強い場合は手術も行うこともあります。
手術は連携医療機関にご紹介いたします。
手術は通常は全身麻酔で1泊入院で行われますが、日帰り手術を行う施設もあります。
手術費用は7~10万円程です。
術後すぐに声を出すときれいに治らないのでしばらく声帯を安静にします。

正しい声の出し方

■やってはいけないこと

  • 大きな声で話す。高すぎる声や低すぎる声で話す。早口で話す。
  • 長い時間おしゃべりをする。ささやき声でおしゃべりをする。
  • うるさいところで話す。
  • 疲れているときに話をする。興奮して話をする。
  • 咳払いをする。

■普段から気をつけること

  • 十分な睡眠をとり、疲れをためないようにしましょう。
  • クーラー、扇風機、冷たい食べ物・飲み物でのどを冷やさないようにしましょう。
  • 朝は声帯が乾燥しているのであまりしゃべらないようにしましょう。
  • 外出するときは、マスクやマフラーをしましょう。
  • 空気の悪いところには行かないようにしましょう。
  • 風邪をひいたときは、特に上記を注意し、早期に治療しましょう。

■ご家庭で気を付けること

  • 室内の乾燥に気を付け、湿度は50%~60%を保ちましょう。
  • 患者さんのそばで煙草を吸わないようにしましょう。
  • 「普段から気をつけること」は一緒に取り組みましょう。

声帯ポリープ

誘因・原因
大きな声の出しすぎや喫煙習慣が誘因となり声帯の粘膜に充血が起こります。

充血が起こった状態で、大声などの激しい機械的刺激が加わると粘膜の下に血腫ができて膨れてきます。

十分な安静が得られれば血腫は自然に吸収されるのですが、声を出し続けるとポリープになってしまいます。

病態
声帯にクラゲのようにブヨブヨした腫瘤があります。
症状
腫瘤があるため声帯がぴたりと閉じずに声がかれます。

声の質は、空気がもれる感じで、やや低音になります。

検査・診断
ファイバースコープで声帯をチェックし、画像を記録します。

癌でないことをチェックするためにポリープの一部を採取して病理検査することもあります。

治療
「正しい発声」の指導や禁煙によって悪化は防げます。

ポリープができたばかりの方には、沈黙により声帯の安静を保つと同時に、ネブライザー治療や炎症を抑えるお薬の服用を行います。

手術しないで改善する場合もありますが、慢性化していて改善しない場合は手術を行います。

ご希望の方は連携医療機関にご紹介いたします。

手術は全身麻酔で1泊2日で行うことが多いですが、日帰りの手術の施設もあります。

術後の痛みはほとんどありませんがしばらく声を出さないほうがきれいに治ります。

正しい声の出し方

■やってはいけないこと

  • 大きな声で話す。高すぎる声や低すぎる声で話す。早口で話す。
  • 長い時間おしゃべりをする。ささやき声でおしゃべりをする。
  • うるさいところで話す。
  • 疲れているときに話をする。興奮して話をする。
  • 咳払いをする。

■普段から気をつけること

  • 十分な睡眠をとり、疲れをためないようにしましょう。
  • クーラー、扇風機、冷たい食べ物・飲み物でのどを冷やさないようにしましょう。
  • 朝は声帯が乾燥しているのであまりしゃべらないようにしましょう。
  • 外出するときは、マスクやマフラーをしましょう。
  • 空気の悪いところには行かないようにしましょう。
  • 風邪をひいたときは、特に上記を注意し、早期に治療しましょう。

■ご家庭で気を付けること

  • 室内の乾燥に気を付け、湿度は50%~60%を保ちましょう。
  • 患者さんのそばで煙草を吸わないようにしましょう。
  • 「普段から気をつけること」は一緒に取り組みましょう。

ポリープ様声帯(ポリープようせいたい)

誘因・原因
大きな声の出しすぎや喫煙習慣が誘因となります。

逆流性食道炎が原因となることもあります

病態
声帯全体がブヨブヨに浮腫んでいます。
症状
声帯がぴたりと閉じずに声がかれます(嗄声)。
検査・診断
ファイバースコープでチェックします。
治療
「正しい発声」の指導や禁煙によって悪化は防げますし、軽い場合は自然治癒することもあります。

嗄声が治らない場合は手術を行うことが多いです。

手術をご希望の方は連携医療機関にご紹介いたします。

手術は通常は全身麻酔で1泊入院で行われますが、日帰り手術を行う施設もあります。

手術費用は7~10万円程です。

術後すぐに声を出すときれいに治らないのでしばらく声帯を安静にします。

正しい声の出し方

■やってはいけないこと

  • 大きな声で話す。高すぎる声や低すぎる声で話す。早口で話す。
  • 長い時間おしゃべりをする。ささやき声でおしゃべりをする。
  • うるさいところで話す。
  • 疲れているときに話をする。興奮して話をする。
  • 咳払いをする。

■普段から気をつけること

  • 十分な睡眠をとり、疲れをためないようにしましょう。
  • クーラー、扇風機、冷たい食べ物・飲み物でのどを冷やさないようにしましょう。
  • 朝は声帯が乾燥しているのであまりしゃべらないようにしましょう。
  • 外出するときは、マスクやマフラーをしましょう。
  • 空気の悪いところには行かないようにしましょう。
  • 風邪をひいたときは、特に上記を注意し、早期に治療しましょう。

■ご家庭で気を付けること

  • 室内の乾燥に気を付け、湿度は50%~60%を保ちましょう。
  • 患者さんのそばで煙草を吸わないようにしましょう。
  • 「普段から気をつけること」は一緒に取り組みましょう。

声帯溝症

誘因・原因
読み方は「せいたいみぞしょう」です。

中高年に多いことから繰り返す声帯の炎症が原因と考えられています。

病態
声帯に溝ができています。
症状
溝の部分の粘膜は硬く振動しないため声がかれます。

声が出しにくい、話すと疲れることもあります。

検査・診断
ファイバースコープで観察します。
治療
薬物治療は効果がないためリハビリ(音声訓練)を行います。

朝晩2回ずつ1ヵ月を目標に咽喉の筋力トレーニングを続けてください。

  • 手を目の前に合わせます。
  • 1~10まで30秒かけて数えます。
  • 手を押した瞬間に力を入れて短く発声します。

※行いすぎには注意してください。

 

重症例では声を出しやすくする目的で手術を行うこともあります。

手術をご希望の方は連携医療機関にご紹介いたします。

Page Top
  • Home
  • 電話
  • 予約
  • 交通
  • 担当医