東葉高速線船橋日大前駅東口徒歩1分 〒274-0060 千葉県船橋市坪井東3-9-3船橋日大駅前ビル2F 047-457-1187

船橋市・八千代市の耳鼻咽喉科ならどい耳鼻咽喉科 船橋日大前クリニック

子供の診療・病気について

船橋市・八千代市の耳鼻咽喉科ならどい耳鼻咽喉科 船橋日大前クリニック

  • 子供の診療・病気について
  • 子供の診療・病気について
  • 子供によくある のどの病気

    急性咽頭炎・扁桃炎

    誘因・原因
    ウイルスや細菌の感染です。
    病態
    病原体の毒力がリンパ組織の免疫力より強い場合に起こる激しい炎症反応です。
    症状
    のどを痛がります。乳幼児であれば飲み込めないために唾液が多くなります。高熱や関節痛のほか鼻水や咳症状もみられます。
    検査・診断
    のどの様子を観察します。
    ウイルスや細菌の検査をします。
    治療
    軽症はウイルス感染の可能性が高いので抗生剤の投与は不要です。細菌感染で中等症以上には抗生物質を投与します。
    家庭での注意点
    のどの発赤がなかなかひかない、すぐにぶり返した、という場合は家庭内でうつしあってることがあります。兄弟がいるときは一緒に治療しましょう。

    アデノイド増殖症

    誘因・原因
    アデノイドは咽頭扁桃とも呼ばれるリンパ組織です。アデノイドは小学校に入学する頃までは徐々に肥大しますが、ウイルスや細菌の感染も肥大の原因となります。
    病態
    リンパ組織が増殖しています。
    症状
    鼻閉、鼻声、大きないびきの原因となります。また、いつも口を開けているので顔の筋肉の緊張が失われて、しまりのない顔つきになることがあります。
    鼻腔に分泌物が常に貯留するのでしばしば慢性鼻副鼻腔炎を併発します。
    鼻腔による吸気浄化機能が失われるため、気管支炎を繰り返すことがあります。
    中耳に侵入する病原体が増殖しやすくなり、滲出性中耳炎の原因となります。
    気道が狭くなるため睡眠時無呼吸症候群の原因となります。
    夜驚症(夜中に突然叫び声をあげる)、夢魔(恐ろしい夢をみて夜中に目覚める)、夜尿症などの原因となる場合があります。
    重症例では胸郭の成長が障害され漏斗胸になることがあります。
    検査・診断
    小児用ファイバースコープでアデノイドの大きさを確認します。
    いびきが大きい場合や無呼吸がある場合は無呼吸簡易モニター検査をおすすめしています。
    治療
    肥大したアデノイドが慢性鼻副鼻腔炎、滲出性中耳炎、睡眠時無呼吸症候群などの原因となっているケースではアデノイド切除術を行います。手術適応でない程度の肥大であれば消炎剤、鼻汁対策で鼻呼吸改善がみられることがあります。
    家庭での注意点
    毎日大きないびきをかいていたり、時々息が止まったり、肩で息をしているようでしたらご相談ください。

    口蓋扁桃肥大

    誘因・原因
    一般に言われる扁桃腺は正式には口蓋扁桃と言います。身体の成長とともに肥大し、小学2.3年以降は縮小します。ウイルスや細菌の感染も肥大の原因となります。
    病態
    リンパ組織が増殖しています。
    症状
    睡眠中はいびきや無呼吸、肩で息をしたりします。寝返りが激しかったり夜尿の原因にもなります。
    日中は運動時の息切れや、行動がのろい場合があります。声がこもり、はっきりしないことがあります。食べ物がつかえるため食が細かったり、食事に時間がかかることがあります。
    他に口呼吸になるために口臭や、から咳の原因にもなります。
    検査・診断
    のどを観察します。
    いびきが大きい場合や無呼吸がある場合は無呼吸簡易モニター検査をおすすめしています。
    治療
    感染症で大きくなった場合は消炎剤、細菌感染であれば抗生剤を投与します。睡眠時無呼吸症候群の原因となっている場合や、食事に支障がある場合は切除します。
    家庭での注意点
    いびきがないか?食事に時間がかかってないか?食が細いなどはありませんか?給食が時間内に食べ終わらないこともあります。できれば入学前に治療しておいた方が良いでしょう。

    睡眠時無呼吸症候群

    誘因・原因
    お子さんの場合、多くがアデノイド増殖症口蓋扁桃肥大によります。
    病態
    睡眠中、息を吸った時にのどが閉塞しています。
    症状
    睡眠中の持続性のいびき、肩呼吸、陥没呼吸(胸がへこみます)、無呼吸
    仰向けで眠れない、寝返りが多い、夜中に突然起きる、おむつが取れない、
    食事中でも眠る、抱っこするとすぐ寝てしまうなどの日中の眠け
    体重が増えない、日中落ち着きがないなど
    検査・診断
    睡眠中や日中の様子をお聞きします。
    のどや鼻の様子をよく観察し口蓋扁桃肥大アレルギー性鼻炎がないか確認します。小児用ファイバースコープアデノイド増殖症がないか確認します。無呼吸簡易モニターを持ち帰っていただき、自宅で睡眠中に検査します。
    治療
    原因がアデノイド増殖症や口蓋扁桃肥大ならば手術を行います。アレルギー性鼻炎による鼻閉がある場合はその治療を行います。肥満気味のお子さんは減量も必要です。
    家庭での注意点
    子供にとってぐっすり寝るのはとても大切です。どの程度息が止まっているの調べてみましょう。

    反復性耳下腺炎

    誘因・原因
    口腔内の細菌が唾液の管を逆行し、耳下腺内に細菌が感染します。
    耳下腺の管に異常があり、感染と炎症が生じやすくなっています。
    病態
    耳下腺が細菌感染により炎症をおこしています。
    症状
    耳下腺部(耳の下)が腫れ、痛がります。微熱を伴います。
    検査・診断
    耳下腺部を圧迫すると膿んだ唾液が出てきます。
    細菌培養検査で口腔内の細菌を調べます。
    超音波検査では特徴的な耳下腺内の画像を認めます。
    治療
    抗生物質を投与します。
    家庭での注意点
    繰り返す場合でも徐々に回数が減ってきて、10歳ごろには治ることが多いです。口の中の雑菌から感染しますので、うがい、歯磨きを習慣づけましょう。

    小児声帯結節

    誘因・原因
    声帯がもともと弱く傷つきやすいお子さんが、力んで声を出したり、大声を出しすぎると生じると言われています。
    病態
    声帯の一部が肥厚し結節となり、声帯がきちんと閉鎖していません。
    症状
    声がかすれます。
    検査・診断
    小児用ファイバースコープで声帯を観察します。
    治療
    「正しい声の出し方」や「普段から気を付けること」を指導します。
    聞き取れないほどの声が続く場合は手術します。
    家庭での注意点
    ご家族も一緒に声の出し方に気を付けましょう。スポーツをしている時の大声は特によくありません。監督さんにも相談しましょう。
    正しい声の出し方

    ■やってはいけないこと

    • 大きな声で話す。高すぎる声や低すぎる声で話す。早口で話す。
    • 長い時間おしゃべりをする。ささやき声でおしゃべりをする。
    • うるさいところで話す。
    • 疲れているときに話をする。興奮して話をする。
    • 咳払いをする。

    ■普段から気をつけること

    • 十分な睡眠をとり、疲れをためないようにしましょう。
    • クーラー、扇風機、冷たい食べ物・飲み物でのどを冷やさないようにしましょう。
    • 朝は声帯が乾燥しているのであまりしゃべらないようにしましょう。
    • 外出するときは、マスクやマフラーをしましょう。
    • 空気の悪いところには行かないようにしましょう。
    • 風邪をひいたときは、特に上記を注意し、早期に治療しましょう。

    ■ご家族へ

    • ご家族や周囲の人も大声を使わないようにしましょう。
    • 室内の乾燥に気を付け、湿度は50%~60%を保ちましょう。
    • 患者さんのそばで煙草を吸わないようにしましょう。
    • 「普段から気をつけること」は一緒に取り組みましょう。

    クループ症候群(声門下喉頭炎)

    誘因・原因
    ウイルス感染症です。0-1歳が大半ですが3.4歳でもみられます。
    病態
    炎症により声門下(声帯の下の部分)が浮腫んでいます。
    症状
    「ケンケン」とした犬の鳴き声のような咳をします。
    「ヒューヒュー ゼーゼー」と首のあたりから音がします。
    ひどくなると肩で息をしたり、顔色が悪くなることがあります。
    検査・診断
    小児用ファイバースコープでのどの浮腫みを確認します。
    鼻やのどの細菌培養検査を行います。
    治療
    超音波ネブライザーでのどの浮腫みをとる薬液を吸入します。炎症を抑える作用が強いステロイドホルモンを投与します。中等症以上は入院して様子を見たほうがいいでしょう。
    家庭での注意点
    息をするところが腫れて狭くなっているので息が詰まってしまう可能性がある病気です。 軽症といわれた場合も注意深く様子を観察してください。

    急性喉頭蓋炎

    誘因・原因
    喉頭蓋の細菌感染症です。2~6歳ごろが好発年齢です。
    病態
    喉頭蓋に細菌感染による炎症がおきています。
    症状
    急に高熱が出ます。のどをとても痛がり、ものを飲み込むときに痛がります。その結果よだれが増えます。
    検査・診断
    小児用ファイバースコープで喉頭蓋の腫れを確認します。
    治療
    息の通り道を確保したうえで抗生物質やステロイドを投与します。
    超音波ネブライザーでのどの浮腫みをとる薬液を吸入します。
    家庭での注意点
    経過が早く即治療を行わなければ窒息死する、という危険をはらんでいます。入院治療を受け入れてくれる病院を探しながら治療を行います。
    Page Top
  • オンライン順番受付
  • 047-457-1187